c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

人材紹介事業立上げコンサルティングとコンサルタント育成研修を始めた訳①

文 小林 毅


2017.04.07

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

私は2年前より人材紹介の傍ら、人材紹介会社の立上げ支援とコンサルタント育成研修を行っています。ご依頼いただくクライアントは、人材紹介会社を起業したいという個人の方と新規事業して立ち上げたいという法人や既に免許を持っているがうまく行っていない法人などとなっています。

サービスを始めようと思ったきっかけは、人材紹介責任者講習からでした。これは、人材紹介事業を営む事業体は、50名に一人は必ず置かなければいけない責任者の講習会で、3年以上講師として登壇させていただいています。ここに参加されている方は、経験者もいらっしゃいますが、ほとんどが全く人材紹介事業について知らない方ばかりです

参加者は本気で事業を考えている、紹介業を成功させたい、という方ばかりではありません。実は多くが会社の義務で参加している、必要な資格だから仕方なしに受けているなどで、モチベーションは低い人たちです。動機も儲かりそうだから始めたいという感じです。この人は人材紹介業についてどう思っているのか?と疑問に思ってしまいます。

人材紹介業をやったことがないのに、やろうとしているという方ばかりという状況を知ると、私は不思議でなりませんでした。ノウハウが無いのに、なぜ始めようと思い、成功すると考えるのだろうと。そのくらい、この仕事が簡単だと思っている人が多いのです。

この不純な動機が人材紹介業の不健全さを生み、求職者から多くの苦情が寄せられる業界の実態なのです。

自分が所属する業界の評判が悪いことほど残念なことはありません。小林さんは何の仕事をしているのですか?と聞かれたとき、人材紹介業というのが恥ずかしいと思った時期がありました。ある人事担当には、何で紹介業なんてやっているのですか?と聞かれたこともありました。そのくらい低く見られているのです。

そこで人材紹介業界全体のボトムアップを図りたいと考え、コンサルティングと研修を始めようと思ったのでした。紹介会社としてみれば、他社にノウハウを教えることは、いわば自分の首を絞めることになります。ライバルを育成する訳ですからね。でも私の関心事はもっと大きい話になっているのです。業界全体が不健全であると、必ず廃れます。事実、企業はダイレクトリクルーティングに力を入れていますので、いずれは紹介会社を切り捨てたいと思っています。

業界への恩返し、という純粋な気持ちで始めたサービスですから、利用者が列をなすくらい好評になると目論んでいました。ところが、始めてみたら実態はその逆でした。。。(続く)

HOME » ビジネス » » 人材紹介事業立上げコンサルティングとコンサルタント育成研修を始めた訳①

top