57520c888e69e9c333ba30b67fcc0f79_s

中途採用が停滞する時期について

文 小林 毅


2018.08.01

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

転職の時期はいつが良いのか、という質問を受けるときがありますが、結論から言うと、関係ないとなります。それは、求職者自身がどのようなキャリアを志向するか、ということと、企業が中途採用したいか、ということに関係性がないからです。よって、転職したいときに出てきた案件が縁のある企業と言うしかないと思います。ただ、求人企業にとって、中途採用に力が入りにくい時期はあるのでその点をご案内したいと思います。

長い休暇があるときはなるべく避けたほうがよい

中途採用を考えた時、その求人職種の部門責任者の都合がやはり大切な要素となります。繁忙期もそうですが、何より、長期休暇で会社に居ない時期は当然存在するので、その時期を知っておいたほうがいいと思います。

それは同時に、人材紹介業自体も売上が停滞する時期となりますので、過去の経験から以下が該当すると感じます。

・年末年始

・ゴールデンウィーク

・夏季休暇の時期(お盆など)

・シルバーウィーク(9月)

まず年末年始は一番動かないですね。12月は前月の流れからであれば選考対象となりますが、12月で新規となりますと、なかなか難しい時期と考えます。例えば、書類通過をして、一次面接を行うとします。その結果が年明けとなった場合、求職者はかなり不利になります。鉄は熱いうちに打て、ということわざがありますが、選考結果も早いほどいい傾向にあります。年末年始となると、物理的に返事を出すことができない場合があります。そうすると、面接時の記憶が遠くなってしまうこともあります。良かったと思っていた人が時間の経過とともになぜ良かったのかと考えるようになる。そうすると、年明けに面接した人のほうがよく映る、という現象も起こりやすいのです。

これは、GWやシルバーウィークにも言えます。面接から結果が出るまではなるべく近いほうがいいので、長期休暇時期は避けたほうがいいでしょう。

夏期についてですが、最近はお盆でまとまって休まない企業が増えています。常に誰かがいる状態でありますが、運が悪いと、常に誰もいない状態が続くこともありえます。部門がいない、今度は人事がいない、次は決定権者がいない、などが続き、2ヶ月以上引っ張られるというケースもありました。

人が居ない時期、というのは企業との縁を阻害する要因となりうるので注意が必要です。

外資系企業で気をつけること

欧米の外資系企業では、12月はほぼ動かない印象です。彼らはクリスマスを大切にしますので、12月はほぼその状態が続きます。決定権者がずーっといない、ということが起こりえます。これは夏季休暇でも同じ現象となります。日本企業でもタイミングの問題で起こりえますが、外資系はもっと高い確率で起こりえます。

逆に、ゴールデンウィークやシルバーウィークなど祝日が続くようなイベントがないので、その他日程は割と稼働しています。しかし、窓口である日本企業の都合も絡むので、そこで停滞することもあります。ただ、本国からのプレッシャーも大きいので、休日返上で対応する人事担当者も多く知っています。外資系企業の人事採用担当は、日本企業では経験しない採用ノルマに苦しむ人も多いのです。

季節要因

言うまでもなく、人間ですから気分が乗らない時期があります。それは、暑すぎる夏と寒すぎる冬です。この時期は、何となくメールのやり取りも停滞しているように感じます。上述の要因もあると思いますが、やはりやる気を削がれる気温は大きな要素かもしれません。

年末年始は停滞することはわかりますが、その流れを引きずり、2月3月もあまり動かないなぁという印象を私は持っています。最も、これは求人企業の都合のみならず、実際求職活動自体が停滞していることもあると思います。暑い夏や寒い冬は、外に出たくありませんからね。求職者自身、もっとも敬遠する時期なのかもしれません。

特に最近は、気候が厳しいと感じていますので、求人企業・求職者とも、動きがにぶりますね。

ではいつが良いのか?

となると、4月〜7月上旬、9月〜11月あたりが良いとなります。人材紹介業も、この時期の売上目標を高く設定すべきです。逆に、12月〜2月、7月中旬〜8月は抑えたほうがいいかもしれません。

ただこれは、取り扱う業界、外資系か日系か、ベンチャーなのか、という要素とも絡むので、一概にはこうだ、とは言い切れない部分もあります。その動きを知るため、数年に渡ってデータを独自に分析する必要はあると思います。

少なくとも、私が得意としている事業会社の管理系案件はそのような傾向にあると思います。

HOME » ビジネス » » 中途採用が停滞する時期について

top