17f18f100037b01a66f8fb01573baf4b_s

まずは1勝!

文 小林 毅


2017.03.14

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

先日見事内定を勝ち取り、入社された候補者から連絡がありました。入社報告と合わせ、ご自身が採用されたときの経緯を上司から聞いたので、その件についてでした。

曰く、面接に進んだのが10名強で、その候補者のうち、ダントツに良かったという評価を貰っていた、ということでした。書類通過から面接までの時間が無い中、しっかりと対策してきたことが何より良かった、というものでした。(この経緯についてはこちらに詳しく書きましたので、ご参考ください。)

これは面接対策がはまったため、私に対する感謝の連絡だったのですが、まあ、その通りだな、と自画自賛し、僕に出会えてラッキーだったろう?という自慢も嫌味なく伝えました(笑)。

しかしここで大切なことは、企業から内定を取ることでなく、入社後も活躍することができる環境なのか、という点でした。入社後すぐにミスマッチを感じて短期で辞める、ということほど悲しいことはなく、もしそうなったときに一番傷つくのが候補者であるからです。

私は以前よりずっとキャリアアップする転職について言及していますが、それは長く続けられる環境を手に入れることに他なりません。それはいい会社に入れば長く働けるだろう、ということではなく、候補者本人がどうありたいのか、何をこだわっての転職なのか、という点が重要だということです

よって、内定・入社がゴールでは決してありません。入社することで、自分が求めたいキャリアについて、戦う権利を得ただけに過ぎないことを理解する必要があるのです。キャリアアップする転職は、入社後きついはずです。自分を高めるための仕事をする訳ですから、多くの困難も待ち受けています。抵抗勢力もあるかもしれません。

それを乗り切ってこそ、大きなプロフィットが得られます。そして次のステージが見えてくるのです。

この候補者は、私にまず報告したいという気持ちでしたが、私は感謝しつつ、兜の緒を締めるようにこのように言いました。

この仕事を得られたということは、まず1勝出来たということ。これから長いキャリアがあるのだから、その中で遭遇する困難に立ち向かってこそ、次のステップが見えてくる。ただ、戦う権利を得られたことは何よりも大きい果実だったね、と。

入社してこれから迷うことも多いはずなので、その時は遠慮なく相談してほしいとも付け加えました。転職はゴールではなく、始まりに過ぎないのです。よってキャリアコーチングはとても大切なのです。

HOME » 転職コラム » » まずは1勝!

top