5124ca45731c876a3196f1c2c90e5086_s

目標はそれぞれにおいて違う、というお話

文 小林 毅


2016.08.22

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職を実現させる人材コンサルタントの小林毅です。

ec22b10a1ed66fbee9814447a41bc4ad_sリオオリンピックが終了しました。終わってみれば、日本勢は41個のメダルを獲得し、史上最高の出来だったということでした。個人的にも色々な競技で日本人選手が活躍し、楽しめたオリンピックでした。

過去のオリンピックを考えると、今までは足元にも及ばなかった競技でメダルが取れるようになったことは、とてもすごいことだと思います。

例えば、陸上の400メートルリレーは、純粋にアメリカなど強豪国を破っての2位でしたし、今まで中国勢の独壇場だった卓球やバトミントンでメダルが取れるようになったことは、楽しむ競技が増え寝不足になりました。

予選落ちレベルだった競技が準決勝に進めることができたことも、今後を思えば楽しみですね。やはりどの競技も日本人が強くなければ、人気も出ません。そのボトムアップのために頑張っている選手は、特に応援したいと思って観ていました。

一方、お家芸と呼ばれていた、柔道、レスリング、体操などは、好成績が当たり前という評価なので、メダルの色により選手の反応が厳しくなります。銀や銅メダルでも十分すごいはずなのですが、選手は反省が先に出て、人によっては涙を流し謝罪している風景は、何もそこまで、と思ってしまいます。

オリンピックは一番大きなスポーツの祭典です。色々な競技の世界選手権が一度に行われ、最高の選手が集まる場です。その中には、日本がリードしている競技もあれば、これからというものまであります。リードしている競技は、当然ながら国内での代表者争いも過酷です。

代表選手は、その過酷な競争を勝ち残り、その上に立ってオリンピックに来ています。皆の想いも肩に乗せているのです。そのような選手は、当然最高の結果を期待されているので、金メダルが取れなかったときに、申し訳ないと思うのだと思います。

柔道、レスリング、体操、水泳は、そのような宿命があったので、結果が伴わなかった選手が泣くことや謝罪することは当然なのかもしれません。これはその選手になってみないとわからないことでしょう。それだけ高みに自分の目標を置いているということです。

期待よりも良い成果を挙げれば、例え銀でも銅でも称賛され、期待よりも低かった場合は残念がられる。金以外の結果で、失望という領域の選手は、超一流の証だということです。

今回でいえば、レスリングの吉田選手、体操床個人の白井選手です。この2人は絶対的な強さを持ったアスリートで、例えるなら、ボルトやフェリプスクラスなのです。彼らがもし負けたら、世界的ニュースです。そのくらいの領域の選手であることを私たちは知っています。

特に吉田選手は、年齢的にもモチベーション的にも次は厳しいでしょう。でも、今まで積み重ねてきたものは消えないし、その評価が変わるものではないと思うのです。

ここで燃え尽き引退を決意したとしても、葛西選手のように、体力が続く限りチャレンジし続けるとしても、私たちは応援するでしょう。

現役であり続けることはとても難しいですが、現役を続けることを誰かに決められることの方が厳しいのです

自分で決める人生、悔いのない決断をしてほしいと思います。

HOME » 転職コラム » » 目標はそれぞれにおいて違う、というお話

top