9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

長く健康でいられる、ということ

文 小林 毅


2017.02.14

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

私は昨年11月よりダイエットに取り組み、無事目標値をクリアしました。その甲斐あり、ハーフマラソンにも無事完走でき、更に目標タイムも大きくクリアすることが出来ました。

ダイエットのきっかけは、体の劣化でした。人間46年もやっていると、体にボロが出てきます。多少太ってきても、少し運動し節制すれば、すぐに回復するだろう、と以前は思っていました。

ところが、健康診断で色々な数値が悪くなっていました。それはもう若くないのだということを数字で見せられたということです。人間の寿命がどんどん延びています。しかし、健康であるかどうかは別問題です。いわゆる健康寿命ですね。

ただ生きている、毎日じっとして動かず引きこもってしまう、いつも病気やケガをしている、そういう人生は嫌だと強烈に思うようになりました

健康でいることは、しっかり筋肉がついていることです。筋肉があるということは、代謝も良くなり、体の劣化が抑えられます。年齢を重ねるとなぜ太るのかと言えば、筋肉量が落ちているからに他なりません。ダイエットするなら、まず筋肉をつける必要があるのです。

また、燃費の問題もあります。何か食べた後、すぐに空腹感を感じるのは、食生活に問題があるからです。間食などをしていては、ヤセるはずありませんからね。

ダイエットするなら、この食事と運動は切り離せないのです。

簡単に痩せられるダイエット本は世にたくさんあります。それだけダイエットの関心は高いということです。しかし次から次へと新しいダイエット法が出ているということは、部分部分では正しくても、総論として間違っているということです。

何かを得たいなら、引き換えに何かを犠牲にしなければいけません。そのことがダイエット本に書いていません。ただこれをすればいい、という本だけが売れ続けるのです。

このような本を有り難がり、そして騙されている人ばかりです。本当に正しいことをするには、そのようなものに頼るのではなく、しっかりとしたプロによる指導が必要なのです。

その考えに至り、私はパーソナルトレーナーを付けました。それで一気に成果が出たのです。

ダイエットの定石は何か?それはプロでないと分かりません。そしてその正しいはずのダイエット法を実践するために、メンタル面からのサポートは必要です。

英語を話したければ外国人と話すことが定石だし、ダイエットしたければトレーナーに付くことが定石なのですが、みんな遠回りをするばかり。どのような人生を送りたいか、それはそれぞれの価値感ですが、私は自分の体の劣化を少しでも遅くしたいと考えました。そして出来るだけ長く健康体でいたいと思っています。

これはキャリア形成と同じです。ただ定年を迎えるまで大人しく逃げ切りたいと考えるか、一度しかない人生を勝負したいと考えるか。転職にはは向き不向きがありますが、健康と同じと考えれば、すべての人が考えなければいけないことでもあると思うのです。

HOME » 転職コラム » » 長く健康でいられる、ということ

top