04ad1d2ae1082167608759798a941844_s

背負った荷物を下ろした人

文 小林 毅


2017.02.15

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

私の周りには起業している人がとても多く、日々交流をしています。特にスタートアップのときは、皆さん夢も大きく、これからの船出を楽しんでいるかの如く、希望に満ちている人ばかりです。

そんな人たちとお話すると、元気を貰える一方、これで大丈夫かな?と思うこともしばしばあります。そして出会った人の多くが大丈夫かな?と思う人ばかりです。私が人材の仕事をしているから特にそう思うのでしょう。

仕事柄、出会った人に価値を付ける癖があります。この人はいくら稼ぐことができるだろう、というものです。値付けと言うと、とても抵抗があるのですが、人材紹介業をやっていればこれができないと食べていけません。

ではどのような目線で人の価値を考えるかと言うと、起業しようと思っている内容と、過去に取り組んだ仕事との親和性です。これが深いと成功する可能性は高いと思いますし、低いと厳しいと考えます。

転職も同じです。中途採用は経験者採用ですから、未経験の人を雇うほど企業は余裕がありません。若い人であれば教えることも考えますが、30歳を超えると基本即戦力です。

起業で考えれば、起業した瞬間、売上が立つかどうか。どうやって稼げばいい?と言っている段階でその人は失敗する可能性が高いと考えます。最低でも、どこにいけば仕事が貰えるか、ネタはあるか、という嗅覚は必須です。やったことがないことで稼げる道理はないのです。

しかし、このようなケースでもある時期から稼ぐことが出来る人が出てきます。大体2つのパターンで、持ち前のガッツでトライアンドエラーを繰り返して稼ぐコツを掴む人と、当初掲げた理想を捨てて、拝金に走る人です。

前者は好感が持てます。自分の理想が甘いことに気づくが、信念は捨てません。そしてアプローチを変えて何とか形を作ることができます。こういった人は私も多く知り合いたいですし、是非仲間になりたいと思います。

後者は稼ぐことが目的化し、仕事もおかしい方向に進んでいきます。例えば、商品を売り込むときに脅す(不安を掻き立てる)、希少性を訴える(余裕があるのに)、薄い商品を価値あるものと大きく見せ高く売りつける、などなど。

ブランディングという名のもと、おかしな恰好をし、見た目怪しい感じになる人もいます。チャラくなる印象ですね。購入者がそれだけの価値があると思えばいいと考えますが、その人を知っている者として、この変化にとても残念だと思うのです。

生きていくためだ、何が悪い、と考えていると思います。しかし、理想という荷物を降ろしたとき、その人はなぜ起業したのだろうかと思うのです。

手段としての起業か、目的としての起業か。たぶんそこに行きつくのだと思います。目的として起業した人と出会ったとき、私は距離を置きたいと考えるようになりました。何か足を引っ張られ、自分の理想が崩されると感じるからです。

ビジョンって本当に大切だと思います。

 

HOME » 転職コラム » » 背負った荷物を下ろした人

top