2b70746e6de2063e2ea76e57533e342a_s

燃え尽きてしまった人

文 小林 毅


2017.03.17

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

面談時、絶対に採用されないな、と思う方がいますが、その典型が意欲の見えない人たちです。特にシニア層に多い、この燃え尽きた人に出会うと、負のオーラが出ており、話をしているこちらが疲れてしまいます。元気を吸い取られている印象ですね。このような人たちと面談すると、異常に疲れてしまいます。

この負のオーラを放つ燃え尽きた人、というのは、結構いい大学を出ていて、今もいい会社で働いているという方にいます。定年まであと少しや、既に役職定年を迎えた、子会社に出向するなど、本人の意に反しての現状に嘆いている人です。

会社の愚痴はたくさん出てきますが、ではどうしたいか、というアイディアは全く持ち合わせていません。「私は何ができるのでしょう?」というスタンスです。

何ができるかといえば、出来ることはあると思います。そこでいくつか提案をしてみると、それはちょっとイメージと違う、自分には無理でしょう、とできない理由をたくさん挙げてきます。ちょっと違うなと違和感を覚えます。

確かにいろいろな経験をされたと思いますが、その経験を活かして何かやりたいという情熱が全く感じられないのです。自分がやりたいことがわからないのであれば、相手も何ができるのかわかるはずもありません。

シニアの転職で一番の問題点はここです。これからは楽に仕事をしたいと思う求職者側と、過去の経験を是非活かして、組織を引っ張ってほしいと思う企業側の思惑のかい離です。

そして企業は言います。燃え尽きた人はいらない、と。

同様に子会社に出向してくる親会社の社員がいますが、総じてモチベーションは低い傾向です。仕事はわからないし、理解しようともしない。まさにいるだけ、という存在ですが、子会社からすると、親会社からの仕事があるので人質のようなものです。このような人が、働かないおじさんとなってしまうのです。

シニア層の優越性は何か、しっかりと整理しなければなりません。楽して仕事ができると思った段階で粗大ごみ扱いに成り下がります。給与が半分になって不満だ、という人がいますが、払う側からすると、こんなにも払わないといけないのか、と言う気持ちです。常に求め続けられる人材となりたいならば、何事も興味を持つべきです。そして給与分以上に働くという強いプライドです。

さて、今のあなたは燃えている人ですか?それとも燃え尽きてしまった人ですか?胸に手を当てて考えてみてください。

HOME » 転職コラム » » 燃え尽きてしまった人

top