67c7774099088531a074c527091fd764_s

内定受諾を取り消された!?

文 小林 毅


2017.06.21

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

先日、コンサルをしている企業(A社とします)より相談を受けたのですが、ある候補者(Xさん)が内定を受諾したにも関わらず、企業側(B社とします)から一方的に取り消された、というのです。候補者は、受諾したのでB社に入社する前提で動いていたようですが、突然の取り消しに動揺し、A社に相談してきたというのです。

詳細を聞くと、その内定には紹介会社(C社とします)が絡んでいたようです。内定受諾の時はC社はとてもプッシュしてきたのに、取り消された後は連絡が取れなくなったというのです。

候補者からすると、あの時のプッシュは何だったのか?というくらい不信感も出てきたようですが、一番損を被ったのは自分自身です。まさに宙ぶらりん状況です。

納得いかないのでXさんは個人で動き、弁護士に相談したところ、これは不当解雇に該当するから争うことができますよ、というアドバイスを受けたようです。このXさんは、いろいろ考えたのですが、結局は少額を争うだけになるので、どうしようかと若干諦めムードになりました。

さて、このXさんがどういう行動を取るかはわかりませんが、なぜB社は内定を取り下げたのかを検証してみます。

状況証拠からすると、B社とC社の契約がまとまらなかったのでしょう。例えば紹介手数料です。企業は採用が決まれば安くしてほしいと願います。一方、紹介会社は自社ルールもあり、紹介手数料は値引きすることが出来ない状況。こうなると、両社で契約が成立しませんから、当然候補者の内定にも影響を受けます。だから取り消したのでしょう。

C社から一切連絡してこないこともそれを証拠づけています。

なぜ内定が出た土壇場で、このような問題が浮上するのでしょう?それは、両社が初めての取引であったことが考えられます。その場合、紹介が先になり、契約書が後回しになるケースが多いのです。

内定が出てから条件を詰めましょう

このようなとても雑な仕事の進め方を、B社とC社間で行っていたということです。今回の騒動で一番被害を受けたのは候補者Xさんです。一度受諾した内定が取り消されるのですから、そのダメージは計り知れません。しかし、その重要な事案を、B社C社共に感じていないのでしょう。お互いの感情論となっているのです。

このような事例は、全体から見ると少数ですが、あり得るということも考えなければいけません。今回、そのような事例に遭遇してしまったことは不幸であるとしか言いようがありませんが。。。

でも、いったんオファー受諾したものを無かったことにするようなB社みたいな会社は、個人的には行かなくてよかったと思います。多分、内部は滅茶苦茶です。入社後短期で辞めることになって、職務経歴が汚れることになったでしょうからね。

HOME » 転職コラム » » 内定受諾を取り消された!?

top