04e4806a61a06d138d62b6de0a5db822_s

自分には嘘はつけない

文 小林 毅


2017.07.10

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

求職者に限らず、起業家でもそうですが、私は嘘を付いている人と多く出会います。その嘘も、自分を大きく見せるための嘘であることが多いのですが、その程度があまり大きくないと、一旦信じてしまいがちです。

この手の嘘をつく人は、頭がいい人が多く、嘘とバレないような雰囲気で接してきます。そして話をしていると段々辻褄が合わなくなってきて、ああ、この人は嘘をついていたんだな、と認識するようになるのです。

しかし、なんでそんなチンケな嘘をつくのだろう?と毎回思います。
自分を大きく見せようとする努力は大切だと思いますが、嘘をついてバレるリスクを考えると、バランスが取れないと思うのです。ですが、この手の人は、嘘があまりバレていない(と思っている)ため、自分が周りからどう思われているかもわかっていません。

はじめは、この人のために何かやってあげたいと思うのですが、その後騙されていたと気づけば、その地点でこの人との人間関係は終わります。期待していた分、失望が大きくなるのです。取り返しがつきませんよね。

私はなぜこのような行動をとるのかに興味をもって、近づいたことが何度かあります。最初は嘘を付かれている、という認識は全くなく、むしろ手助けしてあげたいと思える人たちでした。特徴としては、人懐っこく、笑顔もあり、話しやすい印象です。

しかしそのうちその言動と行動に不一致などが見え始めます。おやおや、という雰囲気ですね。これはひょっとして、嘘なのか?という仮説を立てると全て説明ができるのです。
なるほど、これは嘘かもしれないな、と感じたら、しばらくその関係性は維持し、泳がせます。単純に私が間違っているだけかもしれない、という点が一つ。もう一つは、興味です。私の知らない世界、その人が持つ闇を覗きたくなるのです。

その人が取る行動が嘘ではないか、と仮定してみると、結構検証できたりします。このタイミングで多分やってくるかな、と思うとおお辻褄が合うぞ、という感じです。
最終的に本人に、嘘ついてますよね?と聞かないので、結果は分かりませんが私としてはすっきりしています。ここで大切なことは、自分の判断基準を身につけることです

人付き合いは難しいものですが、最後は自分にとって有益かどうかで判断してもいいと思います。このトレーニングをしないと、いい転職、成功する起業なんかできないと思います。隙あらば騙そうと思っている人は世の中にはとても多いのです。

段々周りから人が離れている人は、自分がついた嘘がバレていると思った方がいいかもしれませんね。そして、嘘をついて相手は騙せても、自分は騙せません。虚しさだけが残るだけです

HOME » 転職コラム » » 自分には嘘はつけない

top