731566be7590ad6cb97682579daafe5a_s

転職活動における誤解について

文 小林 毅


2017.10.23

こんにちは、あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

先日ビジネス実践セミナー2日間コースに参加してきました。最近は自分が研修をする側になっていたのですが、新しい知識の構築、体系化されたプログラムの勉強、そして、講師の話し方などを学ぶために申込んだのでした。

私はコンサルタントと称し、自分の知識と経験で商売をしている立場なので、かのピーター・ドラッカー氏の、知識労働者は学びを止めてはいけない、という言葉を胸に、今回参加したのでした。

参加してとても良かったですね。自分自身の足りない部分や延ばしていく部分が見え、とても有意義でした。その中でも、業界では常識と思われていることも、知らない人からすると説明が必要、ということに大きく感銘を受けました。そこで当たり前だと思われている転職活動の常識を、知らない人が考える誤解と考え、以下いくつか検証してみました。

誤解① 学歴が高いとどこでも転職できる

私は法務部の案件を得意としていることもあり、出会う求職者の多くが高学歴です。この仕事を始める前は、この誤解と同じ感覚を私も持っていました。あるとき東大卒の候補者が上がってきて、お、これはもう決まりですね、と喜び、企業担当へ連絡しました。すると、「まあ、東大といっても色々あるからね。まずは会ってみないと始まらないよ。」と思ったほどの反応はありませんでした。結局、同社のニーズにマッチしないということで、書類すら通りませんでした。

如何にいい大学を出ていても、転職回数や経歴により、テーブルに乗らないことも多いのです。今ではその点も十分検証できるようになりましたが、大きな誤解のひとつだと思います。

誤解② 大手企業で働いていれば引く手あまた

大手企業で働いている人は、企業規模に応じてプライドも高い傾向にあります。名の知れた大手企業に勤めていると、仕事をする上でも相手が合わせてくれます。所謂、業者、を使って仕事をしているので、必然、態度も大きくなる傾向があります。

しかし中身を検証すると、大手故、専門性が欠如している人がとても多い傾向にあります。異動を繰り返し、自分をアピールする武器がありません。また、組織が大きいので、自分を支えてくれる部下やスタッフが多くいるため、自らは手を動かせない人たちばかりでもあります。中途採用をしている会社は何かしらの問題点がありますので、そのような人を採用しても、荷物が増えるだけ、と判断されてしまいます。企業の看板が外れた時、どれだけ自分に武器があるのかを事前に検証しなければならないのです。

誤解③ 給与を下げれば転職できる

これは特にシニア層に多い甘い考えです。現在よりも給与を下げれば、どこかに拾ってもらえるだろう、と考えても、ほとんどの企業がNGを出します。なぜならば、求人企業は活躍してくれる人のみに興味を持っているからです。給与を下げればなんかなるだろう、という妥協した人はお呼びではないのです。

同様に、やりたい仕事に就くため、給与を下げてもいいという人もいますが、それも厳しい現実です。立場を変えて考えればわかりやすいと思いますが、何故か自分だけは雇ってもらえると思う人が多くいます。給与を下げる覚悟は大切ですが、覚悟と妥協を履き違えてはいけないのです。

誤解④ 資格を持っていれば転職に有利

恐らくこれが最も多い誤解だと思います。転職時期を先延ばしする求職者にありがちな言動です。資格は確かに勉強してきたという証でありますが、今の仕事に必要なのか、ということも同時に検証しなければいけません。全く関係ない資格を持っていても、逆に不利になることのほうが多いと思います。

また、資格といっても、有利にならないものもあります。大きく言えば、その資格が無いと出来ない仕事かどうか、ということです。弁護士や医師免許などはその資格が無いと仕事は出来ませんが、ただ泊を付けるだけの資格は、あまり有利とはなりません。まして、会社を辞めてまで取るような資格なのか?という判断をされるようなものについては、気をつけたほうがいいのです。

これらは言うまでもない常識の範囲ですが、まだまだ知られておらず、多くの誤解があります。ただこれも誤解してほしくないのですが、上記列挙したものは、有利なことでもあるのです。長所短所は表裏、と言いますが、使い方、話し方次第で、有利にも不利にも変わるので、しっかりと検証することから始めましょう。

HOME » 転職コラム » » 転職活動における誤解について

top