c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

自分のことは自分が一番理解していない

文 小林 毅


2017.11.13

こんにちは、あなたの成功する転職をサポートする、人材コンサルタントの小林毅です。

私は現在、求職者及び、人材紹介会社のコンサルタントとして活動をしています。コンサルティングをしていると、何が上手くいかない原因か、何を満たすことができれば、対象者はハッピーになるのか、ということがよくわかります。

求職者であれば、このときの判断はどのように考えてのものか、自分は何が得意で、求人企業の問題点を解決できるか、などの視点から色々とアドバイスができます。

人材紹介会社も、売上が上がらない理由、求職者が急に連絡をしてこない理由、なぜ面接に失敗するのかなども多くの可能性を提示し、アドバイスしています。

その都度、対象者から感謝され、さすがですね、という言葉に自信を深めていました。ときに、『先生』と呼ばれると、いい気になったりしていました(苦笑)。

ところが、いざ自分のビジネスのことや、やりたいことなどを人に語るという段階になると、これが駄目なのです。全然言っていることがわからない、理解できない、それでは誰もあなたを評価しない、などのダメ出しのオンパレードです。

言いたいことはあるけど、それをうまく表現出来ない、という状態になるのです。

これがコンサルによっては、ああ、小林さんの言いたいことはこういうことね、と下りてきてくれるのですが、私が参加している研修はそういうことはありません。伝わらないのは、発信者の責任という感覚を植え付けられます。

私は人材ビジネスのプロです。プロはプロの感覚があり、常識が備わっています。だから、出発点が結構先にあるようなのです。一方、マーケット全体でみれば、入り口に入るかどうかという低いところで悩んでいる人ばかりです。

対象とするマーケットがどこにあるかで、その対応は変わってくるとは思いますが、ヘッドハンティング対象者のみというマーケットから広げている現在においては、自分の守備範囲も広げる表現方法が必要なのです。

発信者の一方的な感覚を受信者に送りつけ、理解できないあなたが悪い、ということは簡単です。ですが、それを言ってしまっては、そこでおしまいです。今自分がもっと成長するために、そこにチャレンジしています。

「そんなことでは全然駄目です、頭を切り替えて、やり直してください。」

厳しい言葉ですが、それを受け入れ、実践できることが、自分の成長に繋がると感じています。それを指摘してくれるのは、自分以外の専門家であるのです。餅は餅屋に聞く、という感覚を思い知らされています。

HOME » 転職コラム » » 自分のことは自分が一番理解していない

top