f68128c8bfe82cb87f6831ec75302ad1_s

背水の陣は転職活動ではご法度

文 小林 毅


2018.10.29

こんにちは。あなたのキャリアアップする転職をサポートする、人材コンサルタントの小林です。

私は以前より、キャリアアップ・キャリアダウンについて求職者に話をしているのですが、辞めてからの転職ほど上手くいかないものはないと思っています。理由はたくさんありますが、何より、求職者自身が不安定になってしまうことが一番問題であると考えています。

これはどんなに冷静沈着と言われるような人であっても必ずぶつかるもので、もし不安を感じること無く転職活動を出来る人がいるのであれば、その人は余程経済的に困っていないか、ただの○○か、ということだと思います。

先日も、退職が決まっている人のサポートをしたのですが、結果、はじめに出た内定を取る、という選択をされました。この方は、転職を始めたときは、ある程度自信を持っていたようですが、連戦連敗が続き、大変焦っていました。そんなときに私と出会ったのですが、はじめての転職だったこともあり、転職の心構えから何からわかっていない状態で、これでは落ち続けることは致し方ないと思うほどでした。

その後、書類が通るようになり、面接でもしっかりとアピールすることが出来るようになったのですが、さあ、これからというときに、一番始めに出た内定に飛びついてしまいました。

正直、この選択が正しかったのかどうかはわかりません。ある程度覚悟を決めて、その会社で活躍することができれば、良い縁だったと思えるでしょう。ただ、私はこの方の対応や言動に疑問を持ちました。詳しくは書きませんが、恐らく、新しい会社へ入社してすぐに、後悔するのではないかと感じております。

このような追い込まれた状態での選択は、転職活動をしていれば想定しておかなければいけません。進捗を合わせることがどれだけ重要なのかを今回も思い知ったのですが、内定を出す企業やそこを仲介するエージェントの思惑も相まるので、求職者は追い込まれていくことを覚悟しなければいけないのです。

その追い込みに対し対抗できる手段は、自分が落ち着いていること以外ありません。今回の場合も、辞めることが決まっていることによる焦りが一番の原因となります。人間、焦って決める時ほど良い判断ができない傾向があります。この案件しか無い、この人しかいない、と考えてしまうと、他の選択肢との比較という行動ができなくなります。

いい予感が外れることはありますが、悪い予感が外れることはあまりありません。そうならないためにも、転職活動では、背水の陣を引いてはいけないのです。

HOME » 転職コラム » » 背水の陣は転職活動ではご法度

top