865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

第一回 セカンドキャリア検討会 11月30日(水)19時~20時半

文 小林 毅


2016.11.20

逃げ切れない人生の到来

こんにちは、人材コンサルタントの小林です。

キャリアホライズンの公式活動第二弾、セカンドキャリア検討会が発足いたしました。こちらは、キャリアホライズン立上げの後、皆さまから寄せられたリクエストに応える形での立ち上げとなります。

キャリアアップ研究会は、ビジネスパーソンのスキルアップを目的とした勉強会で毎月1回の定例会として行っています。これは、市場より求め続けれる人材を目指し、自分自身を客観的に価値のあるものとして見られることが大切というテーマで取り組んでいます。

一方、私と同年代を中心に、セカンドキャリアについての話が盛り上がっている現実があります。40も半ばになると、若いときのように簡単に転職できるわけではありません。現職に留まった方が幸せという方も多くいらっしゃいます。

しかし、60歳で定年で、年金支給が65歳(たぶん我々のころは70歳)となると、その間どうする?という不安は付きまといます。もっと言えば、60歳まで勤め上げられるのか?という疑問すら真剣に検討しなければいけません

私は昨年から交流会や勉強会で多くの元サラリーマンの起業家を見てきましたが、立派な経歴があるものの、いざ自分で何かを始めようとするとアイディアが無い(に等しい)方が多いと感じていました。

高額な起業家向け研修・ノウハウ研修に費用を払うものの、それが実際自分がやりたいことか?と後になって気づく人ばかりです。投資ではなく、浪費をしてしまい、挙句、廃業というパターンはとても多いと感じています。

また、今までのキャリアを全部捨て、誰でもいいような仕事に就いている方もいらっしゃいます。例えば、警備員や清掃員、コンビニの店員などがそれです。これらの仕事を否定している訳ではなく、今までのキャリアを活かせていないことが残念なのです。このような肉体労働は、若いころなら頑張れますが、年を重ねると無理があります。本来なら、シニア層は知的労働に従事すべきなのです。

セカンドキャリア検討会の狙い

ビジネスで大切なことは何よりもアイディアです。かの孫正義氏は、起業してから2年間はビジネスプランを練ることに時間を費やしたと言われています。自分が今まで取り組んできたことが最大の価値とするならば、それを活かした起業をすることが一番大切であることは間違いありません。

ただ、形にすることは考えている以上に難しいのです。

私も起業して7年目ですが、ビジネスはやはりアイディアだな、と思っています。今まで自分で考えてきたことは、他者によって検証されて初めて価値がある無いに気づくことができます。

このセカンドキャリア検討会は、まだ余裕のあるうちから自分が持っている強みを知り、更にそれをどう形作っていくかを考えていきます。自分一人ではなく、各人に検討・検証してもらうことにより、強みとリスクを知ることができます。

そして自分がやりたい方向が見えれば、そこに対して投資をし、ビジネスプランを練り上げることで、失敗しない起業を検討できるというものです。

具体的な活動予定

  • 勉強会を開催-参加者によるプレゼンテーション(自分が得意な仕事取り組みたいアイディアを発表)し、参加者による検証、ディスカッション
  • どのような形で人は起業していくのか(成功例、失敗例などの事例検証)
  • 会社を作る際のアイディアについての相談(手続きやノウハウなど)

得られる効果

  • 会社にいながら、ビジネスプランを練ることができる
  • 自分の持つビジネスプランを客観的に検証してもらう場がある
  • 起業に必要なアイディアやリソースを知ることができる
  • 早い段階で準備することで、失敗しない起業を実現することができる
  • 自分が持つスキルを最大限に活かすことができる

第一回 セカンドキャリア検討会 開催情報

開催日:11月30日(水)19時~20時半(出入り自由)
開催方法:ウェブ会議システム Zoomにて開催
参加方法:リザーブストックの申込ページからお願いいたします。
参加者には、Zoomの会議番号をお知らせします。
参加費用:無料(今回はZoomを使っての初めての開催のため)
参加資格:今回は制限なし
※通常は、キャリアホライズンの有料会員が対象です。

お申し込みはこちらから

HOME » キャリアホライズンについて » » 第一回 セカンドキャリア検討会 11月30日(水)19時~20時半

top