IMG_0106

念願の関ヶ原を旅してきた 前編 

文 小林 毅


2015.06.08

先日念願だった関ヶ原を訪問してきました。関ヶ原の戦いは日本史史上、最大の戦いの一つと言われ、これに勝利した徳川家康は江戸300年の礎を築くこととなります。

大河ドラマなどに代表される歴史物のドラマでも、幾度となく描かれていますし、これを題材にした小説なども数多く出版されています。

私もそれに習い、一度関ヶ原の戦いについて書いてみたかったのですが、現地を訪れない限り、なぜあのような結末となったのかが分からないとも思っていました。

関ヶ原は、岐阜県にありまして、新幹線や高速道路から必ず見える場所なのですが、いざ訪れるとなると、ついでに行く、ということはとても難しい場所でもあります。今回、仕事がひと段落ついたということ、このウェブサイトが完成し、記事として載せるという大義名分ができたことなどなどが重なり、満を持して訪問することとなりました。

前日は名古屋に宿泊して、阪神戦を観戦していました。不調なチーム状態でしたが、何とか逆転勝利を得て、この旅の勢いをつけてくれたような感じとなりました。

IMG_0092宿泊したビジネスホテルは、これが結構良かったのです。ドーミーインPREMIUM名古屋栄というところで、錦鯱の湯と言われる天然温泉でした。ヌルヌルとしたお湯で、肌に優しい泉質でした。部屋もきれいで良かったところでのこのクオリティでしたので、とても満足しています。

 

私は学生時代に某旅行会社の添乗員の仕事をしていましたので、日本全国の温泉地を巡っていましたが、このヌルヌル系のお湯が一番好きですね。美肌効果もあるので、女性にはいいですし、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人にも、大きな効果があると言われています。そうでなくとも、包み込まれた感があるので、リラックスでき、ストレスも解消できます。今度はそのような温泉も紹介したいと思っています。

 

さて、せっかくの名古屋ですから、名古屋城に行こうか、または清洲城かと考えてみました。事前にフェイスブックでみんなの意見を聞いてみたら、清洲城が良いとあったので、朝一番で訪問しようと電車に乗り込みました。ところが、快速だったようで、あっさり清洲は通過してしまいました。これが結構な通過で、戻ると言ってもなかなか厳しいところまで来てしまったので、もう諦めようと考え、代わりに大垣城にいくこととしました。

HOME » ブログ » » 念願の関ヶ原を旅してきた 前編 

top