74

『男はつらいよ』を訪ねて

文 小林 毅


2012.04.10

柴又~寅さんの町を訪ねて~(1)

最近「男はつらいよ」にはまっています。
正確に言えば、過去に良く観ていた時期があり、最近WOWOWで全作放送をきっかけに再燃した、ということです。改めて観ると、大変奥が深い、心にしみる作品であることに気づきました。

出会いは、学生時代に某旅行会社の添乗員のアルバイトをしていたときでした。バス旅行は、行きはこれから観光地や温泉地などに向かうので、バスガイドさんも話すことがたくさんあるのですが、帰りは皆疲れていて、寝ていたりするので、余興でビデオをかけることが多いのです。

観たい映画はそれぞれ皆あるのでしょうが、恐らく著作権関連の問題もあり、勝手に何でも流すことができないのです。そんな問題もクリアして、且つ、誰でも楽しめる映画となると大変限られてきて、その一つがこの「男はつらいよ」だったのです。多くの作品がある同作なので、何度もバスに乗っている我々添乗員も、結構かぶらずに観ることができた作品でした。

それまで真剣に観たことがなかったので、ただ何となく観ていたのですが、とてもはまってしまいました。大変面白い映画です。

映画としてはワンパターンです。
主人公、車寅次郎は定職にもつかず、全国を渡り歩くいわば渡世人です。その行く先々で、温かい人のぬくもりに出会い、時には癒され、そして必ず恋をする、という話です。これだけ書いても、何がそんなに面白いのか?となってしまいます。映画の良さを分かってもらうためには、観てもらうことが何よりなので、ぜひ見てください、としか言えないのですが、今回は私が好きな箇所などを踏まえ、ちょっと書いてみたいと思っています。

HOME » ブログ » » 『男はつらいよ』を訪ねて

top