50ba541fcd2cdf52ad224aef9924ab0e_s

正義とは何か?

文 小林 毅


2017.12.04

こんにちは、あなたの成功する転職をサポートする人材コンサルタントの小林毅です。

正義って何ですか?

いきなりですが、正義とは何か?と言われて時、あなたはどう答えますか?私はよく求職者に質問してみるのですが、大体答えは同じ傾向になります。

「自分が正しいと思うことです。」

正義は我にあり、正義は必ず勝つ、などに代表されるように、自分自身が正しいと思うことを突き通すことが、正義であると考える人はとても多いと思います。

しかし一方、この発想が正しいとすれば、自分の信念を持ち、正しいと思うことをすれば、何をやっても許されるのか、ということになってしまいます。分かり易く言えば、テロリストが自分たちは正しいと思っている信念を、暴力という形で実現することです。果たしてここに正義はあるのでしょうか?

ある程度、自分で物事を動かしたい、決めていきたいと思う立場の人が、必ずぶつかるのがこの正義です。自分自身の経験則において、正しいことを教えている、指導している、という主観的な考えですが、相手にそれを理解してもらうことはなかなか難しいものです。

このおせっかいとも言える行動は、年配層などに多く見られますが、言葉で人を動かす難しさが常に同居します。いくら言っても動かない、理解してくれない若者に対して、「最近の若いものは・・・」と愚痴りたくなるのは、古今東西を問わず、言われ続けていることです。

それはこの正義という言葉が、とても曖昧であることから生じているのです。

法律論から考えてみる

法律を少しでも勉強した人であれば、ある程度の解を持っています。それが、正義とは法律である、というものです。では法律とは何かを簡単言えば、世の中のみんなが好き勝手することを止め、ある程度我慢してお互いやりやすくしよう、という妥協点となります。私はあなたを殺さないから、あなたも私を殺さないで欲しい、という約束です。所謂ルールですね。

そして大きな枠組みとしてある国のルールが法律であり、市町村では条例、会社では社内規定、学校では校則、そして家庭では家訓となり、企業間取引では契約となります。組織が小さければ、その小さいルールの中で解決することになりますが、時にそのルールが間違っている場合があります。例えば、契約内容が一方的過ぎ、それは信義則上問題がある場合などです。それをチェックするのが、法律となります。

契約すればすべて有効、ではない

大学の授業でシェイクスピアのベニスの商人の例で出題されたことがありました。

金貸しのシャイロックが、お金を融資するのですが、その担保として肉1ポンドを差し出すこととする契約を結びます。その後、海難事故などで債務者がお金を返せくなり、日頃から迫害を受けていたユダヤ人のシャイロックは、ここぞとばかりに裁判で契約の履行を訴えます。裁判では契約内容以外の和解点を探るのですが、シャイロックはあくまでも肉1ポンドにこだわります。そして裁判では契約の履行を認めるのです。

しかし、いざ実行の段階で、裁判官から肉1ポンドは取っていいが、それ以外のもの、血を一滴も取ってはいけない、という判決を言い渡すのです。

授業では、君たち法律家として、この判決についてどう考えるか?と条文からこの契約について議論をするのです。

言いたいことは貴ノ岩問題

長くなりましたが、何を言いたいのかというと、貴ノ岩問題です。貴乃花親方は、大相撲協会を飛び越えて警察に被害届けを提出しました。協会としては、協会の内部で発生した問題なので、協会内のルールで解決したい、とずっと言っています。貴乃花親方がその協会のルールの範囲内で行動すれば、日馬富士は引退する必要も無かったでしょう。

一方、貴乃花親方は、断固として協会に協力しようとしません。多くの相撲関係者が貴乃花親方を非難するコメントなどをしていますが、この正義の図式を見れば、貴乃花親方の行動が見えてきます。要するに、協会のルールではなく、法律で解決すべきことなので、国のルールに従って進めていきたいから、協会に協力することができない、と言っているだけなのです。

大相撲協会は、協会の運営を円滑することが正義であり、貴乃花親方は傷害事件を国のルールに則り解決することが正義なのです。どちからが正しいかと言えば、貴乃花親方だと思います。事件が発覚してしまってからの火消しが出来なかった大相撲協会は既に負けているのです。なので、色々と貴乃花親方を非難するより、この期に及んでは、しっかりと法律に則り解決することを宣言すべきだと思います。このまま抵抗し続けると、抵抗しなければいけない理由が他にあるのではないかと勘ぐってしまいますからね。

「誰が加害者で、誰が被害者かをはっきりさせたい」

この言葉から、貴乃花親方は協会内ルールでは解決出来ないと思っているのです。貴乃花親方の行動に焦りを感じている人がいれば、その人は恐らく、一番本件について妨害をしている人です。思い浮かぶ人が一人いますよね?

HOME » ブログ » » 正義とは何か?

top